インスリン抵抗性は脂肪細胞の貯蔵が限界になると生じる、脂肪の貯蔵力で血糖値は決まる!?

脂肪細胞が満杯になるとインスリンが働けない 私たちが摂取したエネルギーが余ったら体脂肪として蓄えられていきます。糖質、脂質、タンパク質の三大栄養素は、どれも体脂肪になります。⇒インスリン抵抗性はタンパク質、糖質、脂質の三

続きを読む

インスリン抵抗性はタンパク質、糖質、脂質の三大栄養素のどれでも生じる

タンパク質、糖質、脂質はどれも過剰分は脂肪になる 糖尿病は、血糖値を下げるインスリンが効かなくなって起こります。インスリンの作用が十分に発揮できない状態をインスリン抵抗性と言います。では、このインスリン抵抗性はどのように

続きを読む

糖尿病の原因は脂質と言う事実を国と企業が隠している?国が発表する統計では重要な真実が読み取れない

マヨネーズ・ドレッシング類が油脂ではなくなった 糖質摂取量は、昔に比べ減っているのに糖尿病は急激に増えています。糖尿病は少なかったのですがこの半世紀で急激に増え今では国民病にまでなっています。 糖尿病の原因は、糖質の過剰

続きを読む

糖尿病急増は世界的研究結果の解釈ミス「動物性=悪」「植物性=善」が浸透

大規模な研究結果の大きな過ち 日本では、昔と比べて糖質摂取量は減っているのに糖尿病が急激に増えています。それに伴い脂質の摂取量が増えています。その裏で日本人の植物油脂の摂取量も増えています。 ⇒糖質の摂取量は減っているの

続きを読む

糖尿病の原因は脂質かもしれない、特定保健指導で糖尿病は悪化

常温で油は液体、脂は固体 今では糖尿病は国民病となっていますが、日本において糖質摂取量は、昔と比べて減っています。この事実があるので糖尿病患者が急増した原因を糖質の摂取が増加したからと言うのは無理があるのではないでしょう

続きを読む

糖質の摂取量は減っているのに糖尿病は急増している

糖質の摂取量は減っている、摂取栄養素の大きな変化 かつて糖尿病は贅沢病と言われ発症はごく稀な病気とされてきました。ですが、近年では糖尿病患者は猛烈な勢いで増えてきています。日本に限ってみれば、糖尿病が強く疑われる人は20

続きを読む

睡眠不足は糖尿病や肥満へのリスク増、ホルモンへの影響、免疫機能も低下する

近年は睡眠障害が多くなってきている 睡眠は、日々の疲れを取り除き傷ついた細胞を修復する重要な行為です。健康な身体を維持するには、毎日十分な睡眠を取ることがとても大切です。寝ることは誰でもしていることですが、最近は眠れずに

続きを読む