栄養ドリンクは砂糖入りコーヒーと同じ!?

栄養ドリンクを日常で飲んでいる人は多いのではないでしょうか。
残業で疲れが出た時、徹夜で寝不足の時、体調が悪い時などに栄養ドリンクを飲んでいる人も多いと思います。コンビニでも手軽に購入ができるのも忙しいサラリーマンにとってはうれしいことでしょう。
飲むとシャキッとして気合が入って仕事に挑むのが日課になっている人の中には、箱買いしている人も多いのではないでしょうか。

栄養ドリンクの効果は主に糖質による効果

栄養ドリンクと言うからには、ビタミンやミネラルが豊富でそれが身体を元気にしていると思っていませんか?
実は元気が出る原因は、栄養ドリンクに含まれているビタミンやミネラルではなくて糖質です。
糖質によって血糖値が上がり元気が出た感じがするのです。
栄養ドリンクの効果の主な原因は糖質と言って良いでしょう。

栄養ドリンクには、かなりの量の糖質が含まれていて砂糖に換算すると20g程度入っている物もあります。
3gのスティックシュガーに換算したら7本分にもなります。
栄養ドリンクが即効性があるように感じるるのは、多くの糖質が含まれているからです。

栄養ドリンクを飲んで疲れが出たことはありませんか?
実はこれの原因は、一度上がった血糖値が下がったのが原因です。
急激に上がってしまった血糖値は、その後急降下してしまい倦怠感などを伴うのです。

また、糖質の摂り過ぎは生活習慣病の原因になるので量には注意が必要です。
最近では、糖質カット、低カロリー、と言った物もあるようですが、これらには人工甘味料や香料などが使われているかと思います。
要は添加物が多く入っているので、あまり身体に良いとは言えないのではないでしょうか。

カフェインで眠気がなくなる

栄養ドリンクには、カフェインが含まれています。
飲むと眠気がなくなってシャキッとした感じがするのは、カフェインの作用です。
栄養ドリンクに含まれるカフェインは、だいたい50mgです。
インスタントコーヒー100mlに含まれるカフェインは、60mg程度です。
つまり、栄養ドリンクは砂糖を入れたコーヒーと変わらないとも言えるのです。
ですが、栄養ドリンクには保存料などの様々な添加物が入っている物もありますので、これが本当に身体に良い物なのかどうか疑問を感じてしまいます。

タウリンはタコやイカ、ホタテを食べれば簡単に摂取できる

栄養ドリンクの代表的な成分にタウリンがあります。
タウリン○○mg配合とよく謳っているかと思います。
タウリンは、アミノ酸の一種で血圧を正常に保ったり、心臓の働きを助けたり、肝機能を向上させたりするなど身体に良い働きをします。
これは事実で大事な成分と言えます。
ですが、例えばタウリン1000mg配合とされていても実際に量は少なくgにしたら1gです。
1g程度なら普通にタコやイカ、ホタテを食べれば簡単に摂取できてしまいます。
タウリンは、特別な成分ではなく魚介類には多く含まれているので、栄養ドリンクで摂取する必要も実はないのです。

錠剤タイプであれば余分な成分を抑えられる

栄養ドリンクに含まれる糖質や添加物の問題は、ドリンクタイプの為に起こることでもあります。
味をつけたいので甘味料を使うことになりますし、おいしそうな香りをつける為に香料を使いますし、腐りやす野で防腐剤を使うことになります。
ドリンクタイプだとどうしても添加物が多くなってしまうと言えます。

栄養ドリンクは、錠剤タイプの物もあります。
錠剤であれば、ドリンクタイプと違い大量の糖質や余計な添加物を抑えられ栄養素を摂取できます。
このことからもドリンクタイプの物よりは錠剤タイプの物の方が良いと思います。
でも錠剤タイプの物は飲みにくく苦手な人もいるかと思いますし、錠剤が苦手な人はドリンクタイプの方が良いと思う人もいることでしょう。
その場合は、原材料表示を確認してみると良いです。

含まれている栄養素は何があるのか、人口甘味料や香料、保存料などが含まれているのか、またその量はどのくらい含まれているのかを確認して選ぶと良いと思います。
なるべく余分な物が含まれていない物を選択するといいでしょう。

また、体調が悪い時は栄養ドリンクなどに頼って何とかしようと思わないようにしましょう。
一番大切なのは、普段の生活習慣を見直すことです。
体調が悪い時にだけ栄養を摂っても意味もなくその場しのぎになってしまいます。
体調を崩さないように普段から生活習慣を気を付けることが一番大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。