農薬の複合毒性については分かっていない、毒性が100倍になることもある

複合毒性については何も分かっていない 農薬一種類なら基準値以下でも食べた農薬類が複数あると人間の生理を変えてしまうこともあります。また、単品では発ガン性がないのに複数に曝露すると発ガン性を発揮することもあります。これが複

続きを読む

ネオニコ系農薬は無毒性量以下でも発達障害や不妊など大きな影響を及ぼすかもしれない

発達障害が急増 2012年農薬メーカーが「ネオニコは哺乳動物の神経には影響をしない」と言っていた頃、環境脳神経科学情報センターの木村、黒田純子氏らが培養細胞を用いた実験で世界で初めてごく少量のネオニコがラットの小脳の神経

続きを読む

アレルギー疾患などの免疫疾患は農薬が原因かも?ごくわずかな量でも作用する可能性

ネオニコによる不妊リスク ⇒お茶に溶けている農薬ネオニコ、本当は危険かもしれない国産食品 環境省によると2020年9月時点で推定458羽のトキが野生で暮らしているとのことです。農薬の毒性について長年研究を続けてきた神戸大

続きを読む

農薬残留基準値は勝手に変更される?そもそもデータは信用できるのか

残留基準値は勝手に変更される ⇒お茶に溶けている農薬ネオニコ、本当は危険かもしれない国産食品 ⇒キレイな野菜は農薬まみれ、日本の残留農薬基準値は高い!?安全基準は密室で決定 フードファクターでは、日本人はお茶を1日に3杯

続きを読む

キレイな野菜は農薬まみれ、日本の残留農薬基準値は高い!?安全基準は密室で決定

農薬たっぷりな見た目がキレイな野菜 ⇒お茶に溶けている農薬ネオニコ、本当は危険かもしれない国産食品 日本の農産物からEUなら廃棄処分になるほどの高濃度の農薬が検出されます。 では、なぜ日本の農薬はこのような状態になってし

続きを読む

お茶に溶けている農薬ネオニコ、本当は危険かもしれない国産食品

日本のお茶は農薬ネオニコが溶けている お茶は私たち日本人にとって身近な飲み物ではないでしょうか。食事の時はもちろん会議の席や接客の時もお茶が出されることも多いかと思います。多くの人が日常的に飲んでいるお茶ですが、実はお茶

続きを読む