トレーニング初期はリボソーム量が増加、筋肥大とリボソーム量に強い相関

目次1 筋タンパク質を合成するリボソーム2 筋肥大とリボソーム量に強い相関、初期はリボソーム量が増加3 トレーニング刺激による遺伝子の修飾はマッスルメモリーに関与 筋タンパク質を合成するリボソーム リボソームは、通常細胞

続きを読む

カゼインプロテインはゆっくり吸収される、就寝前や食事の時間が空く時におススメ

目次1 乳タンパク質の基礎2 カゼインの特徴はゆっくりと吸収される3 カゼインの摂取タイミングは就寝前がおススメ 乳タンパク質の基礎 乳タンパク質は大きく分けるとカゼインとホエイに分けることができます。牛乳に含まれている

続きを読む

スポーツ現場での個人情報は取り扱いに注意しよう!ルール3つ

目次1 個人情報保護法の規制範囲2 個人情報を取り扱う時のルール3つ2.1 ルール1個人情報の取得につて2.2 ルール2情報提供について2.3 ルール3情報保管について3 こんな時はどうする?連絡先を教える時は注意しよう

続きを読む

根菜類はネオニコが検出されにくい、有機野菜を5日間食べるだけでも体内の農薬を減らせる

目次1 ネオニコが検出されやすい野菜2 5日間の有機野菜で農薬が半減3 フランスの農薬事情4 有機野菜が日本に増えないのは? ネオニコが検出されやすい野菜 ⇒ネオニコ系農薬は無毒性量以下でも発達障害や不妊など大きな影響を

続きを読む

輸入小麦にはグリホサートが含まれる、パン、パスタ、お菓子等、加工食品には残留基準値がない

目次1 加工食品にはグリホサートが多いかも2 全粒粉はグリホサートが多い3 2023年から「遺伝子組み換えでない」の表示がなくなるかもしれない 加工食品にはグリホサートが多いかも 私たちが日常的に食べている小麦製品と言う

続きを読む

農薬残留基準値を日本は大幅に緩和、モンサント賠償金、日本は農薬のゴミ捨て場にされる

目次1 裁判でモンサントに賠償金が課せられた2 何故か日本が残留基準値を大幅に緩和3 水道水は農薬に汚染されている 裁判でモンサントに賠償金が課せられた ⇒神経伝達を攪乱するグリホサート、除草剤耐性と害虫抵抗性 グリホサ

続きを読む

神経伝達を攪乱するグリホサート、除草剤耐性と害虫抵抗性

目次1 グリホサートは神経伝達を攪乱する2 腸内細菌が抗生物質耐性菌になる3 スーパー耐性菌で年間35,000人の米国人が死亡いている!? グリホサートは神経伝達を攪乱する グリホサートを主成分とするモンサントの除草剤で

続きを読む

農薬の複合毒性については分かっていない、毒性が100倍になることもある

目次1 複合毒性については何も分かっていない2 パン、パスタなどの小麦製品には除草剤3 安全性試験はごまかしている!?4 ラウンドアップで腎臓と乳腺に腫瘍 複合毒性については何も分かっていない 農薬一種類なら基準値以下で

続きを読む

メンタルトレーニングで高まるレジリエンス、選手に気付きを促そう

目次1 メンタルトレーニングでレジリエンスが高まる2 メンタルとは何?3 指導者は日常生活の会話で練習してみよう4 解決策は個人個人で違う メンタルトレーニングでレジリエンスが高まる ⇒メンタルヘルスのカギ「レジリエンス

続きを読む

メンタルヘルスのカギ「レジリエンス」周囲の環境が大事、回復、抵抗、再構成

目次1 ストレスで不調になる人とならない人2 情報化時代になり昨今ではストレス増3 第二次性徴で不安感情がリード ストレスで不調になる人とならない人 人は厳しい環境や状況に置かれるとストレスを感じ私たちの脳に負担をかけま

続きを読む

ネオニコ系農薬は無毒性量以下でも発達障害や不妊など大きな影響を及ぼすかもしれない

目次1 発達障害が急増2 無毒性量以下でも影響するネオニコ3 ネオニコで精子が作られなくなる4 ネオニコで子供の衝動性が増加5 卵巣が小さくなる6 ネオニコは認知症にも影響 発達障害が急増 2012年農薬メーカーが「ネオ

続きを読む