筋力トレーニングは睡眠の質やメンタルを改善させる効果が期待できる

目次1 睡眠とは?2 筋力トレーニングは睡眠の質を向上させる3 睡眠の質が改善するメカニズム4 筋力トレーニングはメンタルを改善する5 筋力トレーニングは不安やうつ病を改善する 睡眠とは? 睡眠は1日の疲れを取る為の時間

続きを読む

筋力トレーニングに良いサプリメントとは?HMBは初心者のみ有効、グルタミンやアルギニンはエビデンスレベルが低い

目次1 今注目のエルゴジェニックエイドとは?2 参考となるスポーツサプリメントを選ぶ基準2.1 筋肥大の効果を高めるサプリメント2.2 パフォーマンスを高めるサプリメント3 クレアチンは筋力トレーニングのパフォーマンスを

続きを読む

トレーニング後、プロテイン+糖質による筋肥大効果は十分なタンパク質摂取で代替できる

目次1 糖質はATPを作るのに必要2 インスリンと筋タンパク質の合成3 インスリンの筋肉への効果は十分なタンパク質摂で代替できる 糖質はATPを作るのに必要 筋力トレーニング後にプロテインに糖質をプラスすると良いと聞いた

続きを読む

トレーニングは夕方が最適かも!?就寝前のプロテインは就寝時のタンパク質合成率を高める

目次1 就寝中は筋タンパク質の合成率が低下2 就寝中でも筋タンパク質の合成を高めることはできる3 トレーニングは夕方が最適 就寝中は筋タンパク質の合成率が低下 筋力トレーニング後のタンパク質摂取については、1日3回の食事

続きを読む

プロテインは長期的な筋力トレーニングの効果を高める!タンパク質はバランス良く摂取しよう

目次1 タンパク質の補給に役立つプロテイン2 プロテインは筋力トレーニング後の長期的な効果に役立つ3 タンパク質は摂取3時間おきベストかもしれない4 プロテインは食事にプラス?それとも食事の間? タンパク質の補給に役立つ

続きを読む

トレーニング効果を高める最適なタンパク質摂取量はトレーニングの内容で変わる!

目次1 筋力トレーニングを高めるタンパク質摂取量2 トレーニングの内容で最適なタンパク質摂取量は変る3 24時間における最適なタンパク質摂取量 筋力トレーニングを高めるタンパク質摂取量 筋力トレーニングの効果を高めるには

続きを読む

トレーニング後のタンパク質摂取はゴールデンタイムよりもトレーニング後24時間が重要!

目次1 筋力トレーニングをする人はタンパク質を意識しよう2 筋力トレーニング後のタンパク質摂取は理にかなっている3 ゴールデンタイムよりも24時間が重要4 筋タンパク質の合成感度は24時間継続する 筋力トレーニングをする

続きを読む

トレーニング後のクールダウンの効果は否定されている!?エビデンスなし、クールダウンをする際に注意したいこと

目次1 アクティブクールダウンの効果を覆すエビデンス1.1 疲労が取れる⇒×1.2 筋肉痛が減少⇒×1.3 脳疲労を改善する⇒×1.4 身体が柔らかくなる⇒×1.5 筋グリコーゲンの合成⇒×1.6 心拍数・呼吸数が回復⇒

続きを読む

ウォームアップは有酸素運動+軽い筋力トレーニング、特異的ウォームアップで総負荷量増加

目次1 非科学的なウォームアップを長年していた2 ウォームアップでの有酸素運動は10分~20分3 特異的ウォームアップ 非科学的なウォームアップを長年していた 運動前のウォームアップとしてストレッチを取り入れている人は多

続きを読む

ストレッチは筋力トレーニングの効果を低下させる、総負荷量を減少させ筋肥大効果が低下

目次1 ストレッチのエビデンス2 ストレッチがパフォーマンスを低下させる理由3 筋肥大効果を減少させるストレッチ4 ストレッチは30秒以内に ストレッチのエビデンス 運動前にしっかりとウォームアップをすることは、怪我の予

続きを読む

筋力アップは6秒以下のスピード、トレーニング効果は週単位での総負荷量で決まる

目次1 筋力増強効果は6秒以下2 神経活動の適応によって筋力が向上する3 週単位の頻度を増やせば筋力増強に効果的 筋力増強効果は6秒以下 筋肥大と筋力増強では、様々な点で違いがあります。近年では双方の目的に合致するトレー

続きを読む

筋力向上は高強度一択、筋力は筋肉量だけでなく神経活動も関係、イメージトレーニングでも筋力は向上する

目次1 筋肉量と筋力はイコールではない2 筋力は神経活動が関係、右手を鍛えると左手も教育される3 イメージトレーニングだけでも筋力が増加、神経活動の適応4 高強度トレーニングで神経活動の適応が高まる5 筋力増強は特異性の

続きを読む

スポーツ障害の多くは使い過ぎ、適切に休養を取り普段から身体の使い方を意識しよう

目次1 スポーツ障害の多くは使い過ぎ2 休養を取らないとリスクが高まる3 身体の使い方を意識してスポーツ障害を予防しよう スポーツ障害の多くは使い過ぎ スポーツ医学では、スポーツ外傷とは「スポーツ活動中に1回の大きな外力

続きを読む

栄養素は体内の化学反応の材料でバランスが大事、身体は化学反応の連続

目次1 生きる為に食べる、生きることは化学反応の連続2 人間の身体は化学反応で成り立っている3 バランスの良い食事なら栄養素は十分に摂取できる4 3食に分けて調整をしよう 生きる為に食べる、生きることは化学反応の連続 食

続きを読む

トレーニングの総負荷量が同じであれば週3回でも6回でも効果は同じ

目次1 トレーニングによる筋肥大効果は総負荷量で決まる2 総負荷量が同じなら週3回でも週6回でも効果は同じ3 頻度ではなく週単位での総負荷量を考えよう トレーニングによる筋肥大効果は総負荷量で決まる 筋力トレーニングは、

続きを読む