長距離ランナーが筋力トレーニングをする目的とは?今やどんなスポーツでも筋トレは必須!

トップランナーは筋力トレーニングを取り入れている 今ではどんなスポーツでも筋力トレーニングを取り入れるのが常識になっています。 近年ではトップランナーがスクワットなどの筋力トレーニングを取り入れているケースが増えています

続きを読む

筋力増強目的の高強度トレーニングでは8分のセット間の休息時間が有効かも!?

セット間の休息時間はトレーニングの重要な変数 筋力トレーニングをする時、セット間の休息時間はどのくらいを目安にしていますか。 セット間の休息時間であるインターバルは、レジスタンストレーニングにおいて重要なトレーニング変数

続きを読む

トレーニング初期はリボソーム量が増加、筋肥大とリボソーム量に強い相関

筋タンパク質を合成するリボソーム リボソームは、通常細胞内に数百万個存在する非膜系の細胞内小器官です。筋繊維は、さらに大きな多核細胞です。ですので、その中には少なくとも数千個はあるのではないでしょうか。巨大な分子複合体で

続きを読む

カゼインプロテインはゆっくり吸収される、就寝前や食事の時間が空く時におススメ

乳タンパク質の基礎 乳タンパク質は大きく分けるとカゼインとホエイに分けることができます。牛乳に含まれているタンパク質の内、約8割がカゼインで残り2割がホエイ(乳清タンパク質)と言われています。どちらのタンパク質も身体作り

続きを読む

スポーツ現場での個人情報は取り扱いに注意しよう!ルール3つ

個人情報保護法の規制範囲 ネットが発達した現代では、スポーツ団体などの団体管理やチーム連絡も大変便利になりました。スポーツ指導者の多くのみなさんも表計算ソフトやアプリなどを利用しているのではないでしょうか。 ですが、これ

続きを読む

筋力トレーニングは睡眠の質やメンタルを改善させる効果が期待できる

睡眠とは? 睡眠は1日の疲れを取る為の時間です。ビジネスパーソンにとっても睡眠をいかい取るかは非常に重要な課題であり、多忙な仕事による不規則な生活は、肉体だけでなく精神にも不調をきたしてしまいます。なので毎日十分な睡眠を

続きを読む

筋力トレーニングに良いサプリメントとは?HMBは初心者のみ有効、グルタミンやアルギニンはエビデンスレベルが低い

今注目のエルゴジェニックエイドとは? 近年、筋力トレーニングの効果を高めるとして注目をされているものがあります。それがエルゴジェニックエイドと呼ばれるサプリメントです。運動能力に影響する可能性のある栄養素や成分を含んでい

続きを読む

トレーニング後、プロテイン+糖質による筋肥大効果は十分なタンパク質摂取で代替できる

糖質はATPを作るのに必要 筋力トレーニング後にプロテインに糖質をプラスすると良いと聞いたことがあるかと思います。メディアでも筋力トレーニングの前後にタンパク質と炭水化物を摂取しようと紹介されることもあります。 では、は

続きを読む

トレーニングは夕方が最適かも!?就寝前のプロテインは就寝時のタンパク質合成率を高める

就寝中は筋タンパク質の合成率が低下 筋力トレーニング後のタンパク質摂取については、1日3回の食事で最適なタンパク質量を摂取することが基本となります。食事で不足するようであれば、プロテインで補うことで筋力トレーニングの効果

続きを読む

プロテインは長期的な筋力トレーニングの効果を高める!タンパク質はバランス良く摂取しよう

タンパク質の補給に役立つプロテイン 栄養補給の基本はバランスの良い食事です。ですが、忙しい人にとっては毎日バランスの取れた食事を考えて、それを継続させるのはなかなか難しいことかもしれません。 また、タンパク質を食事だけで

続きを読む

トレーニング効果を高める最適なタンパク質摂取量はトレーニングの内容で変わる!

筋力トレーニングを高めるタンパク質摂取量 筋力トレーニングの効果を高めるには、トレーニング後24時間以内に必須アミノ酸をバランス良く含む良質なタンパク質摂取が重要となります。 ⇒トレーニング後のタンパク質摂取はゴールデン

続きを読む

トレーニング後のタンパク質摂取はゴールデンタイムよりもトレーニング後24時間が重要!

筋力トレーニングをする人はタンパク質を意識しよう 毎日筋力トレーニングに励んでいてもそれだけで筋肉が鍛えられるわけではありません。自動車が走り続けるには、外部からエネルギーを補給しないといけないように私たちの身体も同じよ

続きを読む

トレーニング後のクールダウンの効果は否定されている!?エビデンスなし、クールダウンをする際に注意したいこと

アクティブクールダウンの効果を覆すエビデンス 多くの人がトレーニング後にジョギングやウォーキング、ストレッチなどのクールダウンをしているのではないでしょうか。実際、アメリカのトレーナーの89%がクールダウンを推奨している

続きを読む

ウォームアップは有酸素運動+軽い筋力トレーニング、特異的ウォームアップで総負荷量増加

非科学的なウォームアップを長年していた 運動前のウォームアップとしてストレッチを取り入れている人は多いと思います。ですが、トレーニング前のストレッチは、トレーニングの総負荷量を減少させて筋力トレーニングの効果を低下させて

続きを読む

ストレッチは筋力トレーニングの効果を低下させる、総負荷量を減少させ筋肥大効果が低下

ストレッチのエビデンス 運動前にしっかりとウォームアップをすることは、怪我の予防やパフォーマンスアップに繋がります。身体を動かす準備が整っていない状態では、身体動かしにくい状態でありトレーニング効果も落ちてしまいます。

続きを読む