筋力トレーニングは睡眠の質やメンタルを改善させる効果が期待できる

睡眠とは? 睡眠は1日の疲れを取る為の時間です。ビジネスパーソンにとっても睡眠をいかい取るかは非常に重要な課題であり、多忙な仕事による不規則な生活は、肉体だけでなく精神にも不調をきたしてしまいます。なので毎日十分な睡眠を

続きを読む

筋力トレーニングに良いサプリメントとは?HMBは初心者のみ有効、グルタミンやアルギニンはエビデンスレベルが低い

今注目のエルゴジェニックエイドとは? 近年、筋力トレーニングの効果を高めるとして注目をされているものがあります。それがエルゴジェニックエイドと呼ばれるサプリメントです。運動能力に影響する可能性のある栄養素や成分を含んでい

続きを読む

トレーニングは夕方が最適かも!?就寝前のプロテインは就寝時のタンパク質合成率を高める

就寝中は筋タンパク質の合成率が低下 筋力トレーニング後のタンパク質摂取については、1日3回の食事で最適なタンパク質量を摂取することが基本となります。食事で不足するようであれば、プロテインで補うことで筋力トレーニングの効果

続きを読む

トレーニング効果を高める最適なタンパク質摂取量はトレーニングの内容で変わる!

筋力トレーニングを高めるタンパク質摂取量 筋力トレーニングの効果を高めるには、トレーニング後24時間以内に必須アミノ酸をバランス良く含む良質なタンパク質摂取が重要となります。 ⇒トレーニング後のタンパク質摂取はゴールデン

続きを読む

トレーニング後のタンパク質摂取はゴールデンタイムよりもトレーニング後24時間が重要!

筋力トレーニングをする人はタンパク質を意識しよう 毎日筋力トレーニングに励んでいてもそれだけで筋肉が鍛えられるわけではありません。自動車が走り続けるには、外部からエネルギーを補給しないといけないように私たちの身体も同じよ

続きを読む

トレーニング後のクールダウンの効果は否定されている!?エビデンスなし、クールダウンをする際に注意したいこと

アクティブクールダウンの効果を覆すエビデンス 多くの人がトレーニング後にジョギングやウォーキング、ストレッチなどのクールダウンをしているのではないでしょうか。実際、アメリカのトレーナーの89%がクールダウンを推奨している

続きを読む

ウォームアップは有酸素運動+軽い筋力トレーニング、特異的ウォームアップで総負荷量増加

非科学的なウォームアップを長年していた 運動前のウォームアップとしてストレッチを取り入れている人は多いと思います。ですが、トレーニング前のストレッチは、トレーニングの総負荷量を減少させて筋力トレーニングの効果を低下させて

続きを読む

ストレッチは筋力トレーニングの効果を低下させる、総負荷量を減少させ筋肥大効果が低下

ストレッチのエビデンス 運動前にしっかりとウォームアップをすることは、怪我の予防やパフォーマンスアップに繋がります。身体を動かす準備が整っていない状態では、身体動かしにくい状態でありトレーニング効果も落ちてしまいます。

続きを読む

筋力向上は高強度一択、筋力は筋肉量だけでなく神経活動も関係、イメージトレーニングでも筋力は向上する

筋肉量と筋力はイコールではない 筋力は筋肉の断面積に比例しますので筋肉量が多いと筋力も一般的には高くなります。体格ががっちりした人を見るときっと力も強いだろうと感じるのもその為です。 しかし、現代のスポーツ科学では筋肉の

続きを読む

スポーツ障害の多くは使い過ぎ、適切に休養を取り普段から身体の使い方を意識しよう

スポーツ障害の多くは使い過ぎ スポーツ医学では、スポーツ外傷とは「スポーツ活動中に1回の大きな外力が働いて起こるもの」で一般的には怪我と言われているものです。これはコンタクトプレーなどによる打撲、捻挫、脱臼、骨折などがあ

続きを読む

乳酸は疲労をするような運動をした結果としてできる、乳酸性作業閾値(LT)乳酸が一気に増えるポイント

乳酸は糖質の代謝産物 私たちは生きる為に常にエネルギーを生産しています。体内では、ATP(アデノシン3リン酸)を分解することでエネルギーを得ています。 ATPとは、アデノシンに3つのリン酸が結合した物質です。ATPを分解

続きを読む

筋持久力、筋力の落ち方が早いか遅いかを決定する

動的筋持久力と静的筋持久力 筋持久力には、動的筋持久力と静的筋持久力があります。 静的筋持久力は、一定の姿勢や筋力をいかに長く維持できるかと言う能力になります。例えば、仰向けに寝て足を上げて何分間維持できるか、もしくはし

続きを読む

低負荷・高回数のトレーニングでも筋肉は肥大する!内部環境を悪化させることが重要

加圧トレーニングやスロートレーニングは内部環境が急激に悪化 2000年代前半までのトレーニング界には、メカニカルストレス信仰、つまり負荷強度こそが筋肥大の絶対条件と言う価値観がありました。これまで80%1RM前後のスタン

続きを読む

メカニカルストレスを高めるバリスティックトレーニング、重要なのは動作の質

バリスティックトレーニングはバーベルでも可能 筋肉を強くするには、メカニカルストレスを高めることを考えないといけません。その方法としてバリスティックトレーニングがあります。 ⇒筋肉を強くする力学的刺激を高めるには?バリス

続きを読む

「楽なトレーニングでは強くなれない」は根性論ではなく生理学的に正しい

力学的な刺激メカニカルストレスの重要性 筋肉が強くなるには「メカニカルストレス」「代謝環境」「酸素環境」「ホルモン・成長因子」「筋繊維の損傷・再生」が必要になります。この中で、筋力トレーニングをする上で最も重視すべきなの

続きを読む